直売所巡りのコツ:早朝に行動する

By 2013年6月8日Blog, Market

弊社がご提供する野菜直売所の口コミサイト「ご近所マルシェ探すなら あおぞらファーム」を使って、直売所巡りをするコツをご紹介したいと思います。

野菜直売所の朝は早い

野菜、とりわけ葉ものは、新鮮、とれたてが一番です。例えばレタス。朝どりのレタスにかなうものはありません。野菜直売所といえど、少しでも新鮮なものを手に入れるのは、朝一番で行動するのがベストです。野菜直売所によって、オープンする時間は異なりますが、早いところですと8時くらいから、朝市という名称ですと7時くらいからあいているところも多いです。私たちのおすすめは、オープン前10分くらいからオープン後30分程度まで、お店の周りにいることです。この時間帯に、農家の皆さんが野菜直売所に野菜をもって来てくれる時間なのです。もちろん、他の時間帯も御持ち頂けることはあると思いますが、多くの野菜直売所で朝一番で野菜が入ります。野菜入荷の時間の情報はなかなか入手できないもの。そこで、可能性の一番高い、朝一番を狙うのがおすすめなのです。

農家の方がいたら農家の方に聞く

出荷している農家の方は、忙しそうにされていることが多いかと思います。お邪魔にならないように、勇気をだして野菜のことについてお聞きしてみましょう。きっと親切に、美味しい野菜の見分け方を教えてくれると思います。野菜のことは、野菜のプロ、すなわち農家の皆さんにお聞きするのが一番です。たとえば、道の駅 みょうぎでお話をお聞きした農家の方は、

「本当は言いたくないのだけれども、120円のレタスより、100円のレタスの方がおすすめなんですよ(苦笑)」

と100円のレタスをこっそり勧めてくれました。

道の駅 みょうぎ レポート レタス
https://aozorafarm.com/reports/162

本物の味がわかる方に本物を聞く、そして本物の味がわかる方の朝は早い、それが私たちのおすすめです。