蜂の子は、その名のとおりクロスズメバチ等を調理した料理です。地方により甘露煮、佃煮、炊き込みご飯等として食べられています。昨日、弊社代表の田中秀樹も、長野にて蜂の子の佃煮を食したようで、美味であったそうです。

長野安曇野 蜂の子

主に食されている地域は、岐阜県、長野県、静岡県、宮崎県等ですが、既に高級品で日常的に食されてはいないようです。栄養成分はビタミンB2、鉄、銅、マンガン等が豊富です。
最近は、Amazonなどでも、蜂の子の瓶詰めを購入することができるようです。ご興味のある方は、注文されてみてはどうでしょうか。